不動産売却の注意点

不動産売却での注意点は、依頼する不動産会社や担当者をしっかり見極めることです。どのような不動産会社に依頼しても同じではなく、不動産会社や担当者によっては大きくサービスが違ってきます。自分たちの希望通りに、誠意ある対応をしてくれる不動産会社や担当者を選ぶことが大切です。直接店舗に足を運んで、自分の目で確かめるようにします。売却の知識や税金の知識があるかも聞いて、安心して任せることが出来る不動産会社や担当者を選びます。
専門家に全てを任せるだけでなく、自分でも知識を増やしておくことも大切な注意点です。希望価格で売るためには売却の流れや知識を増やして、トラブルが起きても対応出来るようにします。また知識があれば担当者がやらなければならないことをきちんとやっているのか、正しく手続きをしているのかをチェックすることが出来ます。不動産会社や担当者選びにも役に立つので、事前に勉強します。
売り出したときには、高めの値段設定にします。少し高めに設定してから、徐々に下げていきます。下げるタイミングは不動産会社や担当者が判断して、広告を打ってもらいます。早く売ってしまうことも大切ですが、時間を掛けてじっくり進めることで高く売ることが出来ます。不動産会社が早く安く売ってしまいそうなときには、ストップをするようにします。
不動産売却ではインターネット上の一斉査定を利用して、相場を調べることも重要です。自分の持っている物件の相場を掴むことができ、希望する金額を割り出しやすくなります。相場を参考にして、金額を決定します。


Posted in 不動産売却, 注意点 and tagged , by with no comments yet.

カードローンの審査で家族にばれないようにするには

カードローンの審査に申し込むと、必ず担当者から自宅に電話がかかってくるので、申し込みの仕方によっては家族にばれてしまう可能性が高くなってしまいます。では、どのような手順を踏めば家族にばれる確率を下げることができるのでしょうか。
まず、カードローン会社によっては無人契約機から申し込める場合もありますが、必ず自宅から申し込むようにしましょう。というのは、無人契約機から申し込むと、自分が自宅にいない段階で在籍確認の電話をされてしまうからです。なぜ申込者が自宅にいないとわかっていて家に電話するのかというと、家にかけて家族が出たら、申込者の名前を告げているかいないかを訪ね、その人は今、在宅中ではないという回答を得られれば、申込者は確かにその家に住んでいること、そして無人契約機にいるのは申込者であることの確認を取ることができるからです。
自宅から申し込めば、カードローン会社の担当者からの電話を自分で受けることができるので、家族が電話を取るのを阻止することができます。
次に、審査の申込書に郵便物はどのようにして送るのかという選択肢があって、差出人が社名と個人名を選べる場合は個人名を選択するようにしましょう。社名を選んだとしても、カードローン会社の名前がそのまま記載されるのではなく、そうだとはわからない略称などが使われることが一般的ですが、個人名の方がよりわかりにくいです。社名だと、家族が不審に思ってインターネットで検索されてしまうとばれる可能性があるので注意しましょう。
カードローン審査の厳しさは明確に比較できる?はこちら


Posted in キャッシング and tagged by with no comments yet.

キャッシングしているにもかかわらず他社で借入状況のウソをついた場合

他の会社でキャッシングをしているにもかかわらず、他社でお金を借りるためにウソの申告をするとそれによって審査に落とされてしまう可能性が極めて高くなりますので注意が必要です。
そもそも、キャッシングを他社で申請したとしても以前にお金を借入をしているという情報は信用情報という情報によって必ず他社にも伝わっています。そして、キャッシングでは総量規制という規制の影響によって一定金額以上の融資が出来ないようになっていますので、この限度額を満たす融資を既に他の会社から行って貰っているケースではキャッシングをすることが出来ません。
総量規制というのは、単純に融資の枠を制限する規制というわけではなく、もともとの目的は融資の安全性をより良くするために考えられたものだということを知っておく必要があります。総量規制があるかぎりは、それによって決められた以上の融資を行うことが絶対にできませんので、少なくとも借りたお金を返済することができなくなってしまうなどといった事態に陥ることはなくなります。貸したお金を返済することができなくなってしまうと消費者にとっても消費者金融にとっても不利になってしまいますので、そうならないように工夫をして総量規制という規制を設けているわけです。
このような規制の目的がありますので、キャッシングをしているのに他の会社から大きなお金を借りることは安全性を損なうことに繋がりますので、ウソの申告をしてはいけません。オリックス銀行カードローン審査も参考にしてみましょう。


Posted in キャッシング, 借入 and tagged , by with no comments yet.

キャッシングの申し込みは何歳からできる?

キャッシングはお金を借り入れることができる便利なサービスですが、利用するためにはその利用条件をクリアする必要があります。利用条件として、もっとも厳しいのが年齢制限です。キャッシングサービスが利用できる対象年齢は成人としており、また具体的な年齢として20歳以上としています。実は成人というのは20歳以下であっても結婚をしていれば法的には成人という扱いになるためです。一方で未成年者は法的に保護されており契約をするさいには保護者の同意が必要とされます。このためキャッシングに限らずあらゆる契約の申し込みでは保護者の同意が必要となります。
またキャッシングではお金を借りることができるというものですが、借りたお金は必ず返済しなければなりません。このためには相応の収入があることが条件であるため、多くのケースで申し込みが可能な年齢を20歳以上としているのが一般的です。
なお、上限の年齢に関しては業者によって異なり銀行などでは定年退職の年齢である65歳としていますが、消費者金融の場合には70歳以下としているケースがほとんどです。
なお、年齢を詐称して契約をした場合には、契約違反になる新規の借り入れができなくなりますし、年齢制限を大きく詐称していた場合には借入れたお金を一括返済することを求められるケースもあります。また何よりも信用情報機関に情報が登録され今後の信用力が必要なサービスの審査に悪影響を及ぼすことになります。
http://xn--lck0c6eya6bc1350d86xf.com/


Posted in キャッシング, 申し込み and tagged , by with no comments yet.